2010年03月25日

任天堂が3Dゲーム開発

任天堂がまたまた新しいおもちゃを提案してくれるようです。



爆発的なヒット商品となったニンテンドーDSシリーズの後継機

として、「ニンテンドー3DS」の開発・販売予定を発表

しました。



今からちょうど1年後、2011年3月に発売を予定している

らしいのですが、どうやら、あちこちの展示会で発売前に

お披露目をするみたいですね。



直近の発表は、今年6月15日からロサンゼルスで開催される

ビデオゲームの展示会「E3ショー」が有力です。

実機の発表があるかどうかは不明ですが、いろいろと

詳細な情報をメディアに向けて発表するそうです。



何しろ、現時点でわかっているのは3Dのビジュアルが

携帯型ゲーム機で楽しめるということだけ。どんなシステム

なのか、どういう仕組みで立体視が可能なのか、さっぱり

情報がありません。



噂によると、裸眼でも3Dのビジュアルが楽しめる、などという

情報も飛び交っていますが、それが本当ならものすごい

ヒット商品になるかもしれませんね。



さらに、この後継機種には、従来のDSシリーズとの互換性が

あるということです。いままで楽しませてくれたソフトたちを

処分することなく、後継機をつかって今まで通り遊ぶことが

できるわけですね。買ったはいいけどソフトが少なくて

遊べない、なんていう悲劇は心配しなくてもよさそうです。



この四半世紀、日本中で一番の成長を遂げた任天堂。この会社

だけは、不況という言葉が全くの他人ごとに聞こえているはず

です。



次の「ニンテンドー3DS」がヒットすれば、さらに任天堂の

独走態勢は続くでしょう。うらやましい限りです。





【関連ニュース】



Yahoo!ニュースURL


イザ!ニュースURL


ライブドアニュースURL


ITメディアニュースURL






《今日のPickUP》

本を出版するには 出版 方法 まえがき 書き方 ブログ 本 出版 本の出版 出版したい 本を出版する
山田稔 出版の方法 
posted by 陽菜 at 01:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。