2010年02月27日

不況なのに正社員はむしろ増えている!?の噂

不況不況と言われているなか、実際の日本のビジネスマン

はどういう状況で働いているのでしょうか。

実際求人サイトを見ていると、やはり厳しいなとは思い

ますが、それでも正社員の募集はあります。

現在のマスコミの提唱する定説としては、「正社員は減って

いる」といわれています。日本の貧困問題の本丸は「若い非正社員」

にあると、たくさんの偉い人も言ってますよね。



そういう情報を、日本人みんな信じているのが現状なのですが、

今日あるニュースで、「正社員はむしろ増えている」という

記事を見ました。

リクルートエージェントの海老原嗣生氏がいうには、

「『1994年〜2008年の14年間で15〜24歳の正社員が300万人も減った』

と言われていますが、そもそも総人口を比較すると573万人も減少して

いますからね」

また、人口減以外の問題については。



「若年層の2人に1人が非正規と声高に言いますが、大学生の増加も

大きいんです。15〜24歳までの就労者(534万人)のうち、確かに5割弱

の248万人が非正規。でも、このうち在学中の人数は115万人。つまり学生

バイトです。これを除くと非正規雇用は133万人で、正規68.2%に対し、

非正規は31.7%に下がる」



なるほど。数字のマジックというわけなんですね。

確かに周りを見渡しても、非正規雇用の若者をそこまで多く知りません。

特に24くらいからはみんな必死に正社員にしがみついてますよね。



実際、1994〜2008年までの14年間で、大学生・院生は48万人も増加して

いるそうです。人口が減り、大学生が増えれば当然、正規社員は減る。

またそもそも「昔から25歳までの非正規数は多かった」と氏はいいます。



「現在25〜34歳の正社員は916万人で、非正規は315万人ですが、その人

たちの10年前を見ると、正社員が454万人で非正規は239万人。

つまり今の非正規の人も10年後には正規雇用になっている可能性が

あるんです」



そう考えると、若年非正規は言われるほどの問題ではないかもしれません。 



「若年だけでなく、日本全体でも正社員が減っているとよく騒ぎますね。

これも似た構造です」とも指摘。



15〜65歳の生産年齢人口が'96年以降、猛烈な勢いで減少しているのだ

そうです。そのせいで、正社員も1998年をピークに減少に転じたということに。



「生産年齢人口がまったく同じ8178万人だった'84年と'07年を比較すると、

正社員数は1984年が3333万人、2007年は3441万人と、つまり108万人(3.2%)も

増加しています。ただこの間に、非正規社員は、1128万人も増えている。

つまり、『正社員を減らして非正規社員を増やした』のではなく、

『正社員も増えたが、非正規社員のほうがもっと増えた』というのが正解です」





さらに、'03年の製造業への派遣解禁で「正社員を派遣社員に置き換えた」と

いう論調もバッサリ。



「元々製造業は自社従業員ではなく、製造請負会社という『外部の従業員』を

大量に抱えていましたが、解禁によって『請負企業の正社員』から『派遣社員』

へ雇用形態のみ変更され、正社員減少に繋がった。この見せかけの正社員減少

だけで40万人にもなります」



たしかにそうかもしれませんが、だからといって、明日が明るいわけ

でもなく……。これからの社会の変化に期待していきたいと思います。





【関連ニュース】




Yahoo!ニュースURL


イザ!ニュースURL


ライブドアニュースURL


CNET JapanニュースURL






《今日のPickUP》

本を出版するには 企画書 書き方 フォーマット ブログから出版 本 企画書 書き方 本 出版 企画書 企画出版 企画書 フォーマット 出版方法
出版 山田 出版の方法 
posted by 陽菜 at 01:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。