2010年02月21日

俳優の藤田まことさん、お別れ

映画や舞台、テレビでも大人気だった名優・藤田まこと(原田真)さんが、

17日、吹田市内の病院で亡くなりました。



ご年配の方は1960年代に放送された「てなもんや三度笠」の時次郎役が

記憶に残っているのではないでしょうか。なんと関西地区では最高視聴率が

64パーセントを記録したことがあるそうです。ものすごい人気ですね。



さらにCMキャッチコピーも一世を風靡しました。「あた前田のクラッカー」

というキャッチコピーは若い人でも聞いたことがあるくらい有名な流行語、

藤田さんの知名度を全国区に押し上げたそぅです。



とはいえ、藤田さんといえばやはり「必殺」シリーズですよね。



じつは「てなもんや三度笠」の放映が終わった後、あまりにも時次郎の

イメージが強すぎて仕事がこなかった時期があったそうです。不遇の時代を

耐えて巡りあった2つ目のはまり役が「必殺シリーズ」の中村主水役、という

わけです。



必殺仕事人の主水役、はぐれ刑事純情派の安浦刑事役も、現代人の記憶から

消すことのできない印象的な演技で楽しませてくれました。



織田裕二を見て「カンチ」とか「青島」とか呼ぶ人は少ないと思いますが、

私は藤田さんを見ると「主水」の名前が先に浮かんでしまいます。それくらい

役のイメージが強烈なのは、演技が素晴らしいからなのでしょう。



食道がんを患い、明治座の舞台を降板して手術を受けたことは記憶に新しい

ところですが、その後も、慢性閉塞性肺疾患と診断され、去年は出演していた

テレビドラマ「JIN−仁−」を降板してしまいました。



これだけ大病を患いながらも、テレビでちょくちょく見ていたような気がする

藤田さん。必殺仕事人に代表されるテレビドラマ、その関連コンテンツなどは、

今後も私たちを末永く楽しませてくれるに違いありません。



謹んでご冥福をお祈りいたします。





【関連ニュース】



Yahoo!ニュースURL

イザ!ニュースURL

ライブドアニュースURL

シネマトゥデイURL








《今日のPickUP》

本の出版 本 出版 方法 本を出版するには ブログから出版 企画書 テンプレート 企画原稿募集 出版社 まえがき はじめに 書き方 著書の効果的な販促 本の出版方法 企画が編集会議で通過 商業出版 初版品切れ増刷・重版出来 商業出版 出版する方法 企画書 書き方 フォーマット 書籍化するブログの作り方 本の書き方 企画原稿募集 本の企画書の作り方
山田 出版コンサル 出版の方法 
posted by 陽菜 at 00:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。